吉田尚平 相続

相続時の葬儀費用・債務の取扱いってどうなの?

相続が発生する際、不動産や現預金のような積極財産の他に、債務等の消極財産が存在している場合があります。遺産分割協議を行うにあたって、このような債務等はどのように取り扱われるのでしょうか。①葬儀費用の取扱いは?葬儀費用(通夜・告別式等の費用)は、相続開始後に生じた

続きを読む >>

濱永健太 相続

借金は相続する必要があるの??

相続財産の負債が資産よりも大きかった場合でも、必ず相続しなければならないのでしょうか??民法では、以下に述べる通り、相続人には、相続するか否かを選択する自由があります。①はじめに相続は、被相続人の死亡によって開始し(民法882条)、相続人は、

続きを読む >>

事務局 相続

相続調査~part4~戸籍事項欄から「この戸籍はいつからいつまでの事項を反映しているのか」を確認する。

現在戸籍上の戸籍の赤枠部分を見てください。戸籍事項欄とは、赤枠の「婚姻の届出により昭和四拾年拾月弐拾五日夫婦につき本戸籍編成」と記載されている部分のことです。上記の戸籍は昭和40年10月25日に作成された戸籍で、消除原因(戸籍の改製や転籍等で全員が除籍されたこと

続きを読む >>

事務局 相続

相続調査~part3~戸籍と除籍

戸籍を請求するのか除籍を請求するのかという問題は、実際に請求するまで不明であることも多く、同じ市町村に戸籍も除籍も存在するということもあり得ます。戸籍を遡って郵送で取り寄せた場合、長いと数ヶ月に及ぶこともありますので、必ず市町村に確認を取って「その市町村に存在する全ての

続きを読む >>

事務局 相続

相続調査~part2~戸籍の取り寄せ方

亡くなられた方(被相続人)の本籍地が不明の場合には、まずは住民票を取得します。その際には「本籍地記載のあるもの」を請求します。その後、本籍地の存在する市町村に戸籍謄本を請求します。それでは早速ですが、実際の戸籍のサンプルを使用して説明に入ります。今回は本籍地が遠

続きを読む >>

事務局 相続

相続調査~part1~

亡くなられた方(被相続人)の相続人を調査する際には、被相続人が生まれたときの戸籍まで辿っていく必要がある場合も多いです。相続人を探す作業は人生で何度も訪れるものではないと思いますが、戸籍を遡るにつれて登場人物が増え複雑になり、過去のものほど読み方も難しくなりますし、遡る

続きを読む >>

江崎辰典 相続

公正証書遺言って万全なもの?

公正証書遺言は公証人が関与して作成する遺言で、多くの方が耳にされたことのあるものかと思います。この公正証書遺言については、その原本が公証人役場に保管されることになるため、偽造や変造のおそれがなく、公証人という中立・公正な立場にある者が関与するものであり、遺言書を作

続きを読む >>

三島大樹 相続

突然相続に協力してほしいという手紙が来たら

見ず知らずの他人から突然相続に協力してほしいという手紙が来た場合、どのように対応すべきでしょうか。そもそもなぜそのようなことが起こるのでしょうか。このコラムではこれらの点についてご説明します。①見ず知らずの他人からの手紙相続関係の法律相談を受けていると、偶に、「

続きを読む >>

濱永健太 相続

このような遺言書は無効です!作成の際にはご注意ください②

前回に続きまして、自筆証書遺言において、遺言書が無効に場合としてよく見受けられるケースをお話します。④相続させたい財産の内容が不明確である。 例えば、「不動産を妻〇〇に相続させる。」との記載を見ることがありますが、複数の不動産を持っている場合には、どの不動産を相

続きを読む >>

濱永健太 相続

このような遺言書は無効です!作成の際にはご注意ください①

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言がありますが、その中でも自筆で作成する自筆証書遺言は、公証人の費用をかけず、また、証人も不要ですので一人で作成できるメリットがあります。その反面、作成においての形式面での要件が細かく決められており(民法968条)、一つでも失敗し

続きを読む >>

濱永健太 相続

相続放棄と熟慮期間~3ヶ月を過ぎた場合の対応~

相続は、財産をもった方(被相続人)が亡くなった時から開始されます。相続において、相続放棄を選択する場合には、3ヶ月の熟慮期間に注意する必要があります。今回は熟慮期間とそれを過ぎた場合の対応についてお話します。自分が相続する立場(相続人)にある場合、全ての

続きを読む >>